カテゴリ:vie quotidienne( 11 )

色褪せないということ。

これまでで一番聴いた曲。


一生で一番聴くことになるはずの曲。








[PR]
by rio7717 | 2013-02-15 00:05 | vie quotidienne

今日のついでに。。。

仕事帰りにちゃりんこで熱唱してるとやっぱり皆にみられますね。


あ、ウララ似てない???
[PR]
by rio7717 | 2013-02-05 00:36 | vie quotidienne

お久しぶりです。

ブログはじめた辺りからなにかとSNSが沢山出てきてあれこれ手をつけてたら全部中途半端に、、、、、。


なんとなくここが自分に一番向いてるんじゃないかと、今更おもいました。。。笑。



久々に書いといていきなりなんですが、、、「縁」って僕にとっては凄く大切なもの。
この出会いを一生のものにするんだ。
[PR]
by rio7717 | 2013-02-05 00:23 | vie quotidienne

独り言。

昔、ZEEBRAが言ってた。

「MUROがいるから俺はこういう事をしてられる」って。


懐かしい。

なんでも一緒。
[PR]
by rio7717 | 2011-10-03 15:20 | vie quotidienne

覚悟。

とある世界的なドクターさんが言ってました。

『24時間医者に休みはない、と。』

何故医者を志したのか、ですよね。
人を救いたかったからです。
そして彼を必要としている患者さんがいる限り、彼は医者であり続けるのです。
命が関わる以上、その範囲は自分であるより医者でいる方が圧倒的に多いのです。



覚悟って何ですか?
欲しいのはそれです。
見せてください。
感じさせてください。


ドクターのくだり、わかりにくい引用かな。
[PR]
by rio7717 | 2011-07-21 15:00 | vie quotidienne

ふぅ、、、、、。

えっと、、、、、。

どういう書き出しかも悩みます、、、、、。


でもしかし、思考回路も身体も復活しつつあります。
しなきゃ、です。



ブログっていう程のもじゃ元々ありませんが、、、、、またおっぱじまります。


I AM BACKKKKKKKKKKKKK!!!!!!!!!!!!!



って事で。
[PR]
by rio7717 | 2011-04-27 00:10 | vie quotidienne

Kanye West

日本語で書いちゃうとしっくりきませんが。

「エレベーターで黒人と老婦人が乗り合わせた。彼女はカバンをさっと隠す。

もし二人が言葉を交わす事があったなら。彼は何を学んだだろう。彼女は何を学んでいただろう。」



「高級車に乗る紳士がハーレムを走って。道のホームレスと言葉を交わす事があったら。

彼は何を学んだだろう。彼等は何を学んでいただろう。」


刷り込まれた情報や先入観。分かりあう事や分かち合う事をしなければ。



飛びまくりですがレストランも同じだと。何かを指し図りに行く場所ではないはず。
まず食べ手の意識ですよ。楽しむ場所です。それがまずは大前提。お互いが高め合える関係、根付くには時間も根気も必要でしょう。でもそんな食文化が築けたらと、切に願わずにはいられません。


関西もっともっと上げる為にも。ただそれだけです。
[PR]
by rio7717 | 2010-10-29 19:37 | vie quotidienne

MADE IN JAPAN

ほんとはかなり前に書けたはずのこちら。

キューピーの「ディジョン マスタード」です。

実は国内初のものなんですよね。
ディジョンの伝統的な製法に沿って作られているもので、原材料にもこだわりを持って生産されています。

機会があれば本場の非加熱処理の物とも比べて食べてみたいものです。


話は直接つながらないかもしれませんが、良いものは良いとしてこういった国産の物も手にしていくことも大切な事なんだろうなぁ、と。

「食の内需拡大」 今の日本にとってとても重要な事項のひとつだと思います。
c0224740_0195549.jpg

[PR]
by rio7717 | 2010-07-29 00:20 | vie quotidienne

想い。

皆様、こちらにお越しの際は是非こやつを。
c0224740_0592193.jpg

[PR]
by rio7717 | 2010-04-01 00:59 | vie quotidienne

ある日の話。

とある方のブログにこんな言葉がありました。

「人に感謝される時、

何より、一番に思うことは、

その自分を育ててくれた人物への感謝ですね。」

と。



育ててくれただなんて大それたことはもちろん言えませんが。

かぶらを剥くとき。

鯛の皮をひくとき。

素材やひとつひとつの皿にむかうとき。

調理場にいる一瞬一瞬にあの方の言葉や話が私には溢れています。

コック服を纏う私に大きな影響を与え、沢山の部分を形成したのです。

感謝以外に何がありましょうか。


あなたですよ、パノラマに潜むガラスのハートを持った熊の様な方。

ちょっとしたラブレターですかね(笑)


c0224740_1195216.jpg





それからはじめに引用させて頂いた方はこんな事も言っていました。

「自分にとって、

料理とは表現であり、

表現とは、自己であります。」

と。

まさに、です。
[PR]
by rio7717 | 2010-03-16 01:31 | vie quotidienne